お金を借りるまでの流れ

カードローンは、借りるまでは敷居が高く、審査や金利など不安な部分もたくさんあるかとは思います。
しかし、上手に利用すれば、有意義で充実した社会人生活が送れる便利なサービスです。
そこでまずはカードローンを申し込みして実際にお金を借りるまでの流れをご紹介します。

1.お申込み

まずはカードローンを申し込みたい金融機関を選んで申込みをします。
カードローンの申込み方法は主に5つあります。

・インターネット
・電話
・郵送
・自動契約機
・窓口

インターネットはパソコンや携帯電話、スマートフォンでの申込みが可能です。
お名前や住所、生年月日などの基本的な情報や、お勤め先や年収の情報を入力することで、簡単に申し込みができます。
24時間、自分の都合のいい時間に申し込めることがメリットです。
一定の金額を超える場合には、年収を証明できる書類が必要になる場合がありますので、あらかじめ準備しておきましょう。

お申込みの方法は、パソコンやスマホでのネット申し込みや、電話でのお申込み、店舗への来店など様々な方法があります。
あなたのご都合に合わせて選ぶことができるので、簡単にすませたい方はネット予約、不安なところを直接相談しながら借りたい方は電話や来店での申し込みをおすすめします。

2.本人確認

お申込み後、カードローンの会社から本人確認の電話が来ます。
これはお申込みがイタズラや間違いではなく、ちゃんと本人からの申込みであるかどうかを確認するためのものですので、不安な方もきちんと電話に出るようにしましょう。

3.勤め先への在籍確認

本人確認後、基本的にはお勤め先への在籍確認が行われます。
在籍確認とはカードローンの会社が、申込時に入力したお勤め先の電話番号へ電話をかけ、
申し込みをした方がお勤め先に在籍しているか確認することです。

これを読んで「カードローンへ申し込みしていることは会社にバレたくない…」と不安になった方もいるかと思います。
しかし、その心配はありません。カードローンの会社は電話の際に会社名や要件をいうことはありません。
仮名を名乗り、ただ申し込みをした方が在籍しているかの確認をとるだけでその電話は終わります。
また、電話に出られなくても「ただ今席を外しております」などのやり取りがあった場合でも確認がとれたこととなります。
このように、プライバシーに配慮された形での確認ですので、ご安心ください。

4.契約

審査に通過後カードローンの会社から連絡がきます。そこで初めてWEB契約を行うか、自動契約機等で契約を行うか選択します。
WEB契約の場合は、指定口座に振り込みでの借入が可能です。その際にはカードは後日郵送されてきます。
また、自動契約機の場合は、その場でカードを受け取ることが出来ます。
対応時間内であればそのまますぐに借入もできます。

5.お金を借りる

カードが手元に届いたら、各金融機関のATM、及び提携ATMでお金を借りることができます。
ATMにカードを挿入し、暗証番号を入力すれば、簡単に限度額内で借入ができます。

サラリーマンにおすすめのカードローン

  1. No.1住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」

    年0.99%~14.79%の低金利コースが魅力!住信SBIネ…

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    オリックス銀行カードローン

  3. No.3三菱東京UFJ銀行バンクイック

    三菱東京UFJ銀行バンクイック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ためになる記事

関連リンク

  • インフルエンサー 依頼

    インフルエンサーの依頼ならソーシャルラボ。色んな会社があってどこに問い合わせたらいいか分からない。そんなときはソーシャルラボへ。豊富な実績を元に、最適なプランを提供しています。インフルエンサーマーケティングに関する記事も多数紹介しているので、是非参考にしてみてください。

    social-lab.jp/