カードローンの審査に落ちやすい人の条件

今回の記事ではカードローンの審査に落ちやすい人の条件をご紹介します。
社会人になりはじめてのキャッシング・カードローンをお考えの方は
自分があてはまっていないかどうかチェックしましょう。

カードローンの審査に落ちやすい人の4つの条件

1.信用情報にキズがある
2.年収が100万円を下回っている
3.他社での借入が4件以上ある
4.勤続年数や居住年数が1年未満である

1.信用情報にキズがある

信用情報のキズとは、債務整理や代位弁済、長期間の延滞をしたことがあるかどうかを意味します。
信用情報のキズがる場合は金融事故を起こした「ブラックリスト」と呼ばれるものです。また正確には異動情報と呼ばれています。
異動情報があると審査に通ることができません。

2.年収が100万円を下回っている

カードローンの利用には安定した収入が求められます。
ですので年収が100万円以下だと審査に通ることは難しい場合があります。
ただし、学生アルバイトやパート主婦などは、
家族に安定した収入の方がいる場合は、
年収100万円以下でも審査に通るケースもあります。

3.他社での借入が4件以上ある

今の時点で他社のカードローンなどから借り入れがある人でも、
4社以上から合計100万円以上借りている方はかなり審査が通りににくくなっています。
なるべくたくさんの会社から借り入れをするのではなく、
銀行のおまとめローンなどを利用して1社に借り入れをまとめることが
金利的にも、信用的にもいいでしょう。

4.勤続年数や居住年数が1年未満である

勤続年数や居住年数は長い方が信用度も高いため審査に通りやすくなります。
転職したばかりの人や引っ越したばかりの人はまだ生活や収入が安定していないと判断されるため
勤続年数や居住年数が長い人に比べて審査に通りにくくなります。
ただし1~3の条件に問題がない方は、転職直後や引っ越し直後でも審査に通る可能性はあります。

サラリーマンにおすすめのカードローン

  1. No.1住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」

    年0.99%~14.79%の低金利コースが魅力!住信SBIネ…

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    オリックス銀行カードローン

  3. No.3三菱東京UFJ銀行バンクイック

    三菱東京UFJ銀行バンクイック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ためになる記事