銀行 自主規制の導入が広まる

カードローンをお使いの方は、銀行系と消費者金融系の2パターンを選択し借り入れを行っておられるかと思います。消費者金融系は以前問題となったグレーゾーン金利によって多重債務者・自己破産者の増加から総量規制を導入され年収の3/1以上は借り入れできないことになっており、高額な融資を受けることができなくなってしまいました。
規制のかかっていない銀行は高額な融資を始めるようになり、広告やCMによる宣伝を行い消費者金融の利用者を取り込むことでさらなる利益につなげようとしたわけですが、最近では融資額の高騰が原因となり返済が困難となってしまった利用者が増加してしまう事態の原因ではないかという批判が多くなりました。

これにより、金融庁による立ち入り調査を行われることとなり、調査の結果次第では規制の導入も辞さないという発表がなされました。
利用者の年収や返済能力に見合った融資を行わなければならないはずですが、審査の緩和によって借りれてしまっていた部分があり、身の丈にあった借り入れをしなかったばかりに、返済のために借り入れを繰り返す悪循環、多重債務者の増加や自己破産者の増加の原因となっているのではないかという批判が多くなっています。

これから、借り入れをす際は審査の厳格化が進み、融資額の減少もされる可能性もあるでしょう。まだ金融庁からの結果は出てはいませんが、これに先駆けて地方銀行は自主的に総量規制を取り入れ、貸し過ぎを未然に防ごうとしているところも増え始めたようです。この動きは、これからどんどん増加していくでしょう。

これから利用を考えている方は、一度、各銀行の動向を確認し利用するようにしましょう。融資を受ける際は、自身の年収や返済能力をしっかり把握し、返済計画を立て借り入れを行いましょう。債権先に任せきりではなく、借金はご自身が返済していくものです。借りた後、返済が困難になってしまい、多重債務・自己破産になってしまっては本末転倒です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


サラリーマンにおすすめのカードローン

  1. No.1住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」

    年0.99%~14.79%の低金利コースが魅力!住信SBIネ…

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    オリックス銀行カードローン

  3. No.3三菱東京UFJ銀行バンクイック

    三菱東京UFJ銀行バンクイック


おすすめ記事

関連リンク

  • ヨガ ファッション

    アマミアイナのヨガウェアは1300年以上伝わる”泥染め”を施しています。奄美大島で長年続く伝統技法。大自然の中で生まれた機能性抜群のヨガウェアをぜひお試し下さい。

    amami-aina.com/