利息制限法

利息制限法とは、金利の上限を定められた法律のことを言います。
利息制限法は主に元本の金額により3段階に上限金利定められています。
・元金10万円未満の場合 → 上限金利20.0%まで
・元金10万円以上100万円未満の場合 → 上限金利18.0%まで
・元金100万円以上の場合 → 上限金利15.0%まで
となっております。

この利息制限法の定める金利を超える設定をした場合には、民事上その取引は無効となります。ですので過剰な金利により発生した利息は支払いの必要はなくなります。すでに支払いを終えている場合でも過払い金請求をすることで、お金が返ってくる場合があります。
また違反した消費者金融は行政処分の対象となります。その場合、営業停止などの重い処分を受けることとなります。
昔とは違って法律ができたことにより、消費者金融が無茶苦茶な金利で貸し付けを行うことができない時代となりました。
たとえ過剰な利息をとったとしても、訴えられた場合には過剰分を返還をしなけれればなりませんし、営業停止となれば損害は多大なものとなります。

サラリーマンにおすすめのカードローン

  1. No.1住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」

    年0.99%~14.79%の低金利コースが魅力!住信SBIネ…

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    オリックス銀行カードローン

  3. No.3三菱東京UFJ銀行バンクイック

    三菱東京UFJ銀行バンクイック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ためになる記事

関連リンク

  • ヘアセット 早朝 名古屋

    名古屋栄のヘアセットサロン「バニラエミュ」。早朝からの予約も可能で、成人式や結婚式、その他パーティーのお呼ばれのときになどに利用できます。素敵な一日の始まりはバニラエミュのヘアセットから。

    vanilla-emu-setsalon.com/